+ スタッフ|リプロダクションクリニック大阪

スタッフ

胚培養士(エンブリオロジスト)

みなさまこんにちは。我々胚培養士(エンブリオロジスト)は、主にここ「培養室」で業務を行っております。
ここでは精子、卵子、受精卵を扱い、主な業務は、体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)、受精卵の培養・凍結、精巣内精子採取術(TESE-ICSI)、人工授精(IUI)の精子の調整などです。 また、我々の目指す処は、「最先端の技術を駆使して、ハイレベルな体外環境を提供する事」と、「透明性を持った医療を提供する事」です。

学術集会などで最新の知見を収集し、その正しい知見に基づいて技術を鍛錬し、一人でも多くのお子さんを授かる事ができる様、より良い結果を求めるのは当然の事です。 それに加え、不妊治療は不安な事や難しい事の多い治療ですので、治療を受けられる方々とじっくりとお話をして、情報を提供していきたいと思っております。
何か気になる事があれば、あずき色の制服を着た我々になんでも聞いて下さい!少しでもご理解・ご納得された上で治療を受けて頂ける様に説明致します。

看護師

私たち看護師は主に「処置室」で、注射や薬、検査や治療スケジュールの説明をさせていただいています。

初めて受ける検査や処置が痛そうで怖い。緊張する・・・そのような気持ちは当然現れてきます。

言葉にできない思いや不安があるとき、私たちがいる「処置室」に寄ってみて下さい。
みなさまの不安が、少しでも和らいでいただけるように精一杯努力いたします。

医師とおふたりの架け橋となれるよう、気軽に相談して下さい。いつでもお待ちしております。

採血検査室

採血室では主に、採血させていただいた血液でホルモン値などを測定しています。

少しでも緊張を和らげ、リラックスしていただけるよう笑顔でお迎えします。

採血が苦手な方はベッドでの採血も行っておりますので、遠慮なくお声掛けください。

リプロダクティブコーディネーター

リプロダクティブ・コーディネーターは、初診時のご案内と治療スケジュールの説明、診察室でのクラーク業務をいたします。

患者様の目線を大切に、『きく(患者様の声)・つなぐ(患者様と医師/スタッフ)・和らげる(患者様の気持ち)』をモットーにつとめて参ります。

いつでも、お気軽にお声かけください。

メディカルアシスタント

内診室でいつもお会いするのが、私たちメディカルアシスタントです。

主に内診室での介助、その他に医師の診療補助や医療器材の消毒・滅菌等を行っています。

アシスタント一同、患者様の身近な存在として、不安なく安心して診療を受けて頂けるよう、精一杯お手伝いをさせて頂きたいと思っています。

何でもお気軽にお声をかけて下さい。

受 付

私たち受付スタッフは皆様とお会いする最初の窓口として、笑顔かつ丁寧な応対を心がけています。

最初は不安や緊張といった気持ちでいっぱいだと思いますが、そういった気持を少しでもほぐしていただけるような環境づくりに努めてまいりたいと思います。

私たちは直接医療に関わることはございませんが、初診で来院されてからご卒業されるまで、安心して治療に専念していただけるようお手伝いさせていただきます。