ご挨拶

ご挨拶

リプロダクションクリニックCEO
 石川 智基

2013年9月にリプロダクションクリニック大阪を開院し、全国各地より多くの患者様にご来院をいただき、リプロダクションクリニック大阪の初診患者数は2020年2月現在18,000人を超えました。

これは、私たちがコンセプトとする「ふたりで取り組む不妊治療を」という方針が多くの方々に受け入れられた結果であると考えております。

また、遠方から通院される患者様のニーズに応えるため、2017年2月にはリプロダクションクリニック東京を開設いたしました。

私たちのクリニックの特徴は、

1.ふたりで力を合わせて治療ができる体制を整備

妊娠のための治療にはふたりで力を合わせることが大切です。ふたり揃って受診するシステムを整え、平日夜や土日も診療を行っております。

2.治療の“見える化”を目指す

検査結果や受精卵の状況などを患者様ご自身が把握できるよう、丁寧な説明を心がけるだけでなく、手術や受精卵の様子をモニター等で見られるようにしております。

3.スピード感を持って治療にあたる

ふたりで一緒にスタートをさせれば、不妊の原因が分かった時点で、直ちに的を絞った無駄のない治療にとりかかることができます。

4.最先端の生殖医療を提供できる環境づくり

スタッフは国内外の学会に積極的に参加・発表し、最新の知識をアップデートしております。日々の診療で研鑽を重ねながら、最先端の知識と技術を蓄積させ、患者様へ還元させていただきます。

5.男性不妊と女性不妊を同時に治療できること

不妊の理由は男女どちらにもあるのに、女性だけが身体的にも精神的にも負担を負うのはおかしなこと。そんな日本の社会を変えたい、夫婦そろって治療に臨める社会にしたいとの思いで日々診療に取り組んでおります。

これからも、リプロダクションクリニック大阪・リプロダクションクリニック東京はこのコンセプトを共有、連携し、患者様の「ふたりで取り組む不妊治療」をサポートさせていただきます。

Supporting Fertility は私たちの合言葉です。私たちの使命は、「ふたり」のために最善を尽くすことと考えております。

略歴

  • 2000年3月神戸大学医学部医学科卒業
  • 2002年4月神戸大学大学院医学系研究科入学
  • 2003年4月米国Center for Biomedical Research,The Population Council and The Rockefeller University客員研究員
  • 2006年3月神戸大学大学院医学系研究科修了
  • 2006年4月神戸大学病院医員
  • 2008年4月神戸大学大学院医学系研究科助教
  • 2009年4月豪州Monash University主任研究員
    Monash IVF invited clinician
  • 2010年7月医療法人仁寿会 副理事長
  • 2013年9月リプロダクションクリニック大阪 CEO
  • 2017年2月リプロダクションクリニック CEO

資格・免許

  • 医学博士(神戸大学)
  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医

所属学会

  • 日本生殖医学会
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本受精着床学会
  • 米国泌尿器科学会