治療実績

治療件数
  2013年9月~ 2014年 2015年 2016年 2017年上期 合 計
妊娠数(胎嚢確認) 13 276 602 781 557 2,229
IUI(人工授精) 24 817 1,335 1,395 812 4,383
opu(採卵周期数) 106 803 1,514 1,877 1,084 5,384
IVF (体外受精) 3 28 81 133 118 363
ICSI (顕微授精) 31 491 958 1,265 756 3,501
TESE-ICSI (精巣精子使用) 52 186 263 227 124 852
FET (凍結融解胚移植) 47 621 1,351 1,657 947 4,623
FT (卵管鏡下卵管形成術) 5 28 49 90 66 238
simple TESE
(精巣内精子採取術)
22 45 41 43 24 175
micro TESE
(顕微鏡下精巣内精子採取術)
81 233 252 240 61 867
onco TESE
(精巣がんTESE)
    2 1 0 3
初診数 471 2,256 2,451 2,913 1,489 9,580

※ICSI件数にはIVFとのsplit周期を含みます。
※妊娠数は当院で処置を行った後にエコーで胎嚢確認できた数
※2017年上期は2017年1月~6月までのデータです。

凍結融解胚移植周期(回数)あたりの臨床妊娠率
  開院~2014年 2015年 2016年 2017年上期 合 計
~34歳 34.4% 47.6% 44.3% 49.4% 44.1%
105 / 305 228 / 479 262 / 592 159 / 322 754 / 1,708
35~39歳 25.8% 36.5% 35.5% 38.5% 35.0%
63 / 244 163 / 446 209 / 588 132 / 343 567 / 1,621
40歳~ 18.5% 19.4% 20.4% 26.6% 21.3%
22 / 119 70 / 360 86 / 421 68 / 256 178 / 900
合 計 28.4% 35.9% 34.8% 39.0% 34.9%
190 / 668 461 / 1,285 557 / 1,601 359 / 921 1,567 / 4,485

※臨床妊娠率=エコーで胎嚢確認/胚移植

TESEの精子回収率
  2013年9月~ 2014年 2015年 2016年 2017年上期 合 計
simple TESE 初回 100% 100% 100% 100% 100% 100%
21 / 21 38 / 38 33 / 33 39 / 39 22 / 22 153 / 153
micro TESE 初回 44.8% 34.9% 35.1% 36.8% 39.2% 36.6%
26 / 58 50 / 144 60 / 171 63 / 171 20 / 51 219 / 595
合 計 59.5% 48.4% 45.6% 48.6% 48.6% 49.7%
47 / 79 88 / 182 93 / 204 102 / 210 42 / 73 372 / 748

 

  2013年9月~ 2014年 2015年 2016年 2017年上期 合 計
simple TESE 複数回目 100% 100% 100% 100% 100% 100%
1 / 1 7 / 7 8 / 8 4 / 4 2 / 2 22 / 22
micro TESE 複数回目 21.8% 24.7% 25.9% 26.1% 20.0% 25.0%
5 / 23 22 / 89 21 / 81 18 / 69 2 / 10 68 / 272
合 計 25.0% 30.2% 32.6% 30.1% 25.5% 30.6%
6 / 24 29 / 96 29 / 89 22 / 73 4 / 12 90 / 294

※複数回目は、前医にてTESEを実施しており、当院での実施が複数回目である症例です。

既往歴別のTESEの実績(2013年9月~2017年6月)
  精子回収率
全症例 初回TESE
閉塞性無精子症 100% 100%
126 / 126 108 / 108
既往歴のない非閉塞性無精子症 20.3% 23.5%
100 / 492 81 / 344
クラインフェルター症候群 40.6% 48.8%
43 / 106 39 / 80
ガン化学療法後 40.4% 48.8%
19 / 47 15 / 34
cryptozoospermia 100% 100%
34 / 34 27 / 27
AZFc欠失 85.7% 81.0%
30 / 35 17 / 21
停留精巣固定術後 66.0% 71.9%
31 / 47 23 / 32
very severely oligozoospemia
超高度乏精子症
100% 100%
26 / 26 23 / 23
脊椎損傷 41.7% 100%
5 / 12 3 / 3
射精障害 100% 100%
16 / 16 14 / 14
染色体転座 45.5% 40.0%
5 / 11 2 / 5
その他の染色体異常 25.0% 20.0%
3 / 12 2 / 10
immotile cilia 100% 100%
8 / 8 8 / 8
精巣腫瘍 33.0% 40.0%
2 / 6 2 / 5
その他NOA 23.4% 26.5%
15 / 64 9 / 34
onco-TESE 66.7% 66.7%
2 / 3 2 / 3
合 計 44.5% 49.9%
465 / 1045 375 / 751
TESE-ICSI症例における凍結融解胚移植周期 (回数) あたりの妊娠率
  2013年9月~2017年6月
臨床妊娠率
~34歳 38.2%
187/ 490
35~39歳 33.4%
106 / 317
40歳~ 27.3%
39 / 143
合 計 34.9%
332 / 950
TESE-ICSI症例 (患者) の治療成績
  2013年9月~2017年6月
出産症例数 妊娠継続数 臨床妊娠率 臨床妊娠
患者数
ET症例数 TESE-ICSI症例数
全症例 175 73 67.2% 268 399 425
268 / 399

※2017.8.13現在での件数になります。まだ胚移植を行っていない方も含んでおりますので、随時件数は更新いたします。