女性不妊の原因

卵管因子

卵管は精子と卵子の通り道ですから、卵管が詰まっていたり(卵管閉塞)、細かったり(卵管狭窄)すると卵 子と精子が出会うことができません。また、卵巣から排卵される卵子をうまく卵管の先端(卵管采)でキャッチ できるかも重要で、キャッチできない場合(ピックアップ障害)には卵子と精子 は出会えません。卵子にも受精卵にも動力がありませんので、卵管の筋肉や繊毛がうまく動く必要があります。 卵管の動きが制限される場合(卵管周囲癒着など)には、卵子や受精卵を運ぶこ とができません。

排卵障害

視床下部~下垂体~卵巣へのホルモンのネットワークの中で、どこかに問題があると、卵子がうまく発育せず 排卵が起きません。視床下部機能不全、下垂体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などが直接の原因といえ ます。肥満、糖尿病、耐糖能異常、甲状腺機能異常なども排卵障害に間接的に影響します。

卵巣予備能低下

卵子数は生まれつき決まっており、年齢とともに低下します。AMH(抗ミュラー管ホルモン)を測定すると残りの卵子の数がわかり、それが卵巣予備能を示しています。卵巣予備能が多い方でも、卵巣手術後、抗癌剤治療後、放射線治療後などにはAMHが低下します。AMHが低い場合には、治療をステップアップするスピードを早くする必要があります(「妊娠適齢期」についてはこちらへ)

子宮内膜症

子宮内膜は本来子宮内でのみ発育し、受精卵が着床しないと、剥がれて生理になります。子宮内膜がその他の場所で発育するものを子宮内膜症と言います。卵巣(卵巣チョコレート嚢胞)、子宮筋(子宮腺筋症)、腹膜(赤色病変、青色病変、白色病変など→腹腔内癒着)などにできます。

子宮因子

着床環境を物理的に阻害する疾患として、子宮内腔を変形する疾患(子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫、筋層内筋腫の一部)があります。奨膜下筋腫の大きなものや先天性子宮形態異常の一部では手術を行った方がよい場合があります。生まれつきの子宮欠損や子宮摘出術後では、現在自らの子宮で妊娠することはできません。

原因不明

その他、原因不明の因子として

  • 受精障害(精子 and/or 卵子)
  • 着床障害
  • 遺伝子異常(精子 and/or 卵子)
  • 配偶子形成障害(精子 and/or 卵子)
  • 配偶子成熟障害(精子 and/or 卵子)
  • 配偶子染色体不分離(精子 and/or 卵子)

などがあります。

※一般検査で判明しない原因は赤字で示しています。

女性不妊の検査

不妊の原因を調べるためには、さまざまな検査が必要となります。

不妊症の原因は、男女半々にあります。男性の検査は1~2回の通院ですみますが、女性の検査は生理周期に合わせたチェック項目が多く最低1ヶ月かかります。

そのため、初診から夫婦揃って検査を受けるようにすると、効率よく治療を進めることができます。

妊娠治療は、スピードが命です。

女性不妊の一般検査

ホルモン検査

  • 低温期ホルモン採血(生理3日目頃)LH、FSH、プロラクチン
  • 卵胞期ホルモン採血(排卵直前)E2、P
  • 高温期ホルモン採血(排卵後7日目頃)E2、P

AMH採血

  • 卵巣予備能を示します。

甲状腺ホルモン採血

超音波検査(必要時)

  • 排卵時期の推定、子宮内膜厚、排卵の確認、卵巣腫大や子宮筋腫のチェックを行います。

子宮卵管造影検査(生理終了~排卵まで)

  • 卵管通過性と子宮形態を調べます。

子宮鏡検査(生理終了~排卵まで)

  • 子宮内腔の異常を調べます。

フーナーテスト(排卵期)

  • 子宮頚管粘液の中にある精子の状態を見る検査です。性交渉から12時間以内に検査をします。

子宮頚部の感染症検査

  • クラミジア、淋菌の感染の有無を調べます。

感染症採血

  • 梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIVのチェックを行います。

その他の検査

  • 血液型
  • 子宮頚癌検査:婦人科受診の際には年1回行います
  • 風疹抗体(希望者のみ)

検査の注意事項

  • 超音波検査と採血は保険でできる回数が限られていますのでご注意下さい
  • 他院で行った結果も可能な限り利用いたします
  • 感染症採血は子宮卵管造影検査、子宮鏡検査の前に必須です(1年以内は有効)
  • 一般的な不妊検査で原因が判明するのは約半数、半数は原因不明となります

追加検査

  • 検査の結果により、追加検査が必要になる場合があります。
    • AMH低下の場合→ビタミンD、テストステロン、DHEAS
    • フーナーテスト不良の場合→抗精子抗体、ピロリ菌抗体
    • 子宮内膜症の場合→CA125
    • 視床下部機能不全、下垂体機能不全→ホルモン負荷試験
    • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の場合→テストステロン、耐糖能異常検査
    • MRI検査は専門病院をご紹介致します

不妊症の治療

不妊治療の特徴

他の疾患と異なり、「原因の検索→原因の治療」によって妊娠される方には限りがあります。一般的な不妊検査の段階では、半数が原因不明となるからです。また、単一の原因ではなく複数の原因が存在する場合もしばしばありますので、ひとつの治療を行って妊娠しない場合には、順次ステップアップを行うことになります。

ステップアップは、「タイミング(TI)」→「人工授精(IUI)」→「体外受精(IVF/ICSI)」となります。

ステップアップの行い方

女性の年齢とAMH(卵子の数)によってステップアップのスピードが異なります。卵子の数には限りがありますので、卵子がなくなってしまった場合には、その女性のお子さんを妊娠することができなくなります。残りの卵子を有効に使うために、それぞれの方に合わせた効果的なステップアップのタイミングをご提案させていただきます。

手術が必要な場合

不妊原因の中には手術が必要な場合や手術をした方がよい場合があります。

*卵管鏡手術(卵管形成術、FT)は当院で実施できます。詳細はこちらへ

子宮鏡手術(子宮内膜ポリープ、子宮内癒着)は当院で実施できます。(日帰り手術)
子宮鏡手術(粘膜下筋腫)、腹腔鏡手術(ドリリング、腹腔鏡検査)は石川病院で実施可能となります。
腹腔鏡手術(子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮腺筋症)、開腹手術は専門病院をご紹介致します。