Lab外での業務

胚培養士は、ラボの中で受精卵に関する業務だけを行っているわけではありません。培養結果の患者さんへの説明や治療相談。培養結果の解析や新しい治療方法の開発、学会などでの情報発信なども行っています。

業務内容
説明業務

私たちは皆さんと直接話をする機会は多くありませんが、精子の凍結保存の説明や、採卵後、受精卵の培養結果の説明、移植前の受精卵の状態などの説明を行っています。それ以外でも精子や卵子、受精卵について気になること、不安なことがあればお声かけ下さい。

学会発表など情報発信

当院では最新の機器を用いて治療を行っています。特に高度の男性不妊症に対する治療では、世界的に見ても非常に多くの患者さんに治療を行っており、その症例も多様です。我々はその経験と、治療の発展性について積極的に学会などで発信しています。医師だけではなく胚培養士も、生殖医療の発展に向けて活躍しています。

学会発表ページへ