IVF LAB

ここは体外受精や顕微授精の心臓部です。精子調整を除くほぼ全ての工程がここで行われています。
培養液の準備・管理、採卵後の卵の確認、体外受精、顕微授精、受精卵の培養、凍結や融解が主な業務です。

業務内容
検卵

吸引した卵胞液を顕微鏡下で確認し、卵子を探します。

受精卵の観察

当院では基本的に採卵から1日目(Day1)、Day3、Day5、Day6に確認をしています。受精卵を培養器の外に出すと環境が変化するので、極力観察回数は少なく、短時間で行っています。

顕微授精

1個の卵子に1個の精子を注入する受精方法。調整した精子の中から、運動性と形態の良好なものを選択し、慎重に注入します。

胚の凍結

当院では、採卵後の受精卵は一旦全て凍結して、ホルモンバランスを最適な状態に整えてから再度融解して子宮に戻す、凍結融解胚移植を推奨しています。細胞内に氷の結晶を作らない、「ガラス化法」という方法を用いて、液体窒素内で保存しています。

胚移植

ここまで大切に育てた受精卵を子宮に戻します。細さ1-2mm程度の柔らかいチューブを使用しますので、それ程痛みもなく、短時間で終了します。

TESE

精液検査を行って、精液中に精子が確認できなかった場合、精巣を切開し、精巣内の精子を回収する方法です。症例によって精子を回収できる確率は異なります。医師が採取した精細管の中から胚培養士2-3名で精子を探します。

培養液の準備

受精卵を培養したり、ICSIを行ったり、精子を凍結するなど、様々なシーンでその場に合った「培養液」が必要になります。培養液は事前に温めておいたり、pHを調整する必要があるので、翌日の業務に応じて前準備が必要となります。培養液がなければ何もできませんので、「準備」は一番重要な業務と言っても過言ではないでしょう。

機器・設備
インキュベーター

ASTEC製の大きな箱型のwater jacketタイプと、origio製のベンチトップ型の2種類の培養器(インキュベーター)を使用しています。それぞれメリットが異なり、origio製は非常にコンパクトで庫内の温度・ガス復帰に優れ、非常時のバッテリーも搭載しています。

ICSI用倒立顕微鏡とマニピュレーター

最新のオリンパスIX-73にナリシゲ製の空圧インジェクターを合わせたシステムです。照明もLEDを搭載し、長時間の顕微鏡操作でも精子などへの影響を軽減しています。

胚観察用実体顕微鏡

内部の温度とガス濃度をある程度保ちながら顕微鏡操作ができるように、クリーンベンチを特注で造りました。クリーンベンチはorigio製で、顕微鏡はオリンパスIX-16を使用しています。こちらもLED照明です。

凍結検体バーコード管理システム

同時に多くの患者さんの精子、卵子、受精卵をお預かりしていますので、検体取り扱いは2人の胚培養士で確認を行っております。さらに、凍結検体に関しては管理と取り違え防止のためにバーコードによる管理システムも併用しています。

VOC除去フィルター

建築物内の空気中にはVOC(揮発性有機物質)が含まれており、HEPAフィルターでは除去できないため、クリーンルームといえど微量ながらに存在し受精卵などへの影響も懸念されます。当院は低VOC設計で基準値よりも低い値ですが、さらにフィルターを搭載することでより低VOCを達成しています。室内循環フィルターと、インキュベーターガス用の2種類あります。

非常用バックアップ電源

停電に備え、容量の非常に大きいバックアップ電源にインキュベーターなどを接続しています。これとインキュベーター自身のバッテリーで長時間の停電にも対応可能です。